元読売ジャイアンツ投手が経営するうどん屋で

現在は、埼玉県の上福岡というところでうどん屋を営んでいる元読売ジャイアンツの條辺剛君、こういう條辺君、元は読売ジャイアンツの投手として大活躍していました。

徳島の鳴門工業から原案5位で指名され2000クラスにジャイアンツに入団した條辺君、首脳達からは大きな想定を、かけられこういうクラスの完結戦で高卒駆け出しでは桑田真澄投手以来となる先発投手に登用されました。

そのレクレーションでは残念ながらミス投手となりましたがでも首脳達からの評判は変わらず、来年2クラス目で初の開幕一流入りを許すってそのまま中継ぎ投手として定着、ときには引き下げを勤める活躍を見せました。

その来年、ジャイアンツは優勝、條辺君はこういうクラスも重要輪の活躍を見せて国中種類も登板を果たしましたが、この頃から腹心には痛みが走る様になったそうです。

只そこからは損傷との敵対、時時一流のレクレーションには登板やるもののかつての球威はなく、いよいよ2005クラスに戦力外部通知を通してジャイアンツを退団、単に現役を休息決める。

その條辺君が第二の生活に選んだのがうどん屋、本人讃岐うどんの名店の門をたたき、そこからつらい修業がはじまりました。

もうすぐその拳固も見込まれて本人自立、現在はそのお店には皆が訪れる名店ともなっています。